ヘアストレートアイロン

【やっちまった!】ヘアストレートアイロンを使った失敗談のまとめ!

ここでは、女性のヘアストレートアイロンを使った失敗談をまとめてみました。

  • ヘアストレートアイロンで失敗したくない
  • みんなどんな風にヘアアイロンを使っているのか気になる
  • ストレートアイロンを上手く使えないのは私だけ?

というあなたの参考になれば幸いです。

アイロン愛用者のあるある(29歳・会社員)

私は中学生の頃からストレートアイロンを使ってます。当時は朝家でアイロンをして通学してましたが雨の日や部活が終わった後などよくストレートがとれてしまってうねりがちですごく毎日前髪で悩んでました。高校生になってから他校の子が学校にアイロンを持ってきていました。これはいい!と思って私も持って学校に行って体育の授業のあとやプールの後なんかに使ってました。休み時間中友達に貸していたらなんと先生にバレてしまって没収されてしまったことが大失敗な事件でした。ちなみに私が使っていたわけではありませんでしたが見つかってしまって私のだと話したらそのまま没収されてしまい、すぐ返してくれない雰囲気だったのですが、これがないと明日も学校行けないとお願いしたらどうにか返してもらえて無事でした。友達も一緒に謝ってくれて先生に説得してくれて助かりました。そこからは電池式のヘアアイロンにチェンジして学校に持って行ってました。当時は大失敗だったなと思いますが今となっては笑い話です。

挟むな危険、残すな火傷(25歳・クリニックの検査助手)

その時、ちょうどヘアアイロンの温度がMAXの状態で使用していました。急いでいたということもありますが、ヘアアイロンで誤って手を挟んでしまい、手の甲に火傷をしてしまいました。その時は、少し熱いと感じた程度だったため、放置していたのですが数日後に腫れと痛みの症状が出ました。皮膚の色も変色し、痛々しい見た目になってしまいました。その当時、工場勤務の仕事をしていて、作業上手袋をしないといけなかったため、つけ外しする度に痛みが襲いました。手の甲なので皮膚が薄いためか治りも悪く、毎日市販の火傷の跡を目立たなくする塗り薬を塗っていましたが、完全には消えません。2年ほど経った今でも、薄い火傷の跡が残ってしまいました。火傷をしたときの適切な処置ができていなかったため、治りがどんどん遅くなってしまったことが悔やまれます。それ以来、ヘアアイロンを使う時少しトラウマになってしまいました。今まで以上に慎重にヘアアイロンを使用しています。

ストレートアイロンを使いこなすのには練習がいるようだ(22歳・会社員)

髪の毛がカクカクになってしまいました。
波巻ヘアーにしようとした時の話です。先ず、髪の毛をブロッキングして1番内側の毛を外巻にしようとした時、コテの感覚でやったら角度がついてしまいカクカクになりました。また、耳の後ろの鏡では見えない部分を巻こうとしたときに耳を間違えて挟んでしまい火傷もしました。
外ハネの角度は何とか修正して、次に外側の髪の毛を波巻にしようとした時です。手を捻りながら波なみにしようとしましたが思うよります角度がついてしまい髪の毛がカクカクになってしまい上手く波巻にできずに、アニメキャラのような痛い髪型になってしまいました。
最後に前髪です。前髪もなかなか加減が分からずにボコっとした前髪になってしまいました。

それと温度設定ができないタイプのヘアアイロンだったため、電源をつけてる時間が長ければ長いほどアイロンの部分が熱くなってしまい髪の毛に当てすぎたため痛んでしまいパサパサになってしまいました。多分200度くらいになっていたと思います。

ヘアアイロンでまさかの場所を火傷。(35歳・自営)

私の髪の毛は癖が強く、特にダウンスタイルの時などは、
なんとしてもまっすぐな髪に近づけたくて必死にヘアアイロンを使用していました。

ある休日、出掛ける前にいつもと同じく髪の毛のスタイリングを頑張っていたところ、
手が滑ってアイロンを落としてしまいました。
その際に、素足であった右足の甲にアイロンの熱された部分が当たってしまい、
小さな範囲ですが火傷してしまいました。

すぐに保冷剤をあてたり、手持ちの薬を塗ったりと半泣きで処置しました。
お出掛け前の楽しい気分は全て台無しになったうえ、
一日中、どんよりとした気分を引きずってしまいました。

耳や顔を火傷した話は聞いたことがありますが、
なんと髪から一番距離のある足とは。
素足でのアイロン使用は危険だと悟り、
スリッパや靴下でのガードが必要だな、と思いました。

5年以上たった今でも、足の甲に目を凝らすと微かに跡が残っており、
手を滑らしてしまった自分の間抜けさに、心の中で苦笑いしてしまいます。

髪の毛チリッチリ事件(28歳・事務職)

ヘアアイロンの使い方も髪のお手入れもよく知らずに使っていた中学時代のお話しです。
クラスの人たちで集まってカラオケやボウリングに行くことになり、張り切って髪の毛をセットしようと思っていたのですが、そんな日に限って寝坊をしてしまいました。
いつもは、髪の毛を乾かしてから使用していますが、その日は時間が無かったため、ヘアアイロンの熱を使えばすぐに髪が乾く上にサラサラストレートにできる!と思ったわたしは、タオルドライだけをしていつもは160度にしている温度をマックスの220度にしてアイロンを当てました。
髪の毛の水分がジュウっと蒸発して乾かせそう!っと思いそのまま使用していったところ、髪の毛がチリッチリになってしまったあげく、運の悪いことに中途半端なところで電源が入らなくなるというアクシデントが!
もう時間もない上に、電源も入らないためセットのし直しもできず、こんな髪の毛でクラスメイトに会えない!と思い楽しみにしていた集まりも行けず終いでした。。

短い前髪には気をつけて(46歳・主婦)

高岡早紀さんの髪型に憧れて、短い前髪のボブスタイルにしました。生際のクセが強いのでいつもはお風呂上がりにブローをし、ある程度クセを伸ばしています。
その日は予定は何もなく気持ちもだらだら、、いつになくクセも絶好調(笑)
そんな気が緩んでいる時に友人からホテルのアフタヌーンティーに行こうと誘われました。内心、家でゴロゴロしてたいなぁと思っていたのですが、ちらっと横目で鏡をみたら妖怪のような自分の姿。
このままじゃ女でなくなってしまうと奮い立たせ、急いで支度をしたのですが、時間も迫っています。そうだ!ストレートアイロンでサラサラにしようと思い、いい感じに内巻きボブに仕上がていきました。いよいよ、この短い前髪です。掴むのも手こずりながら、ジュッと。ジュッと?一瞬ピリッと感じました。前髪を上げると太い線に火傷していました。赤くなってしまったまま冷やす間もなく、ホテルに向かい、友人に笑われ帰ってきた頃には茶色に変色していました。

ストレートアイロンでふんわりは難しい、ダメージも凄いことになる(21歳・学生)

ストレートアイロンで、カールを作ろうとした時、アイロンの角の跡のようなものがついてしまい、髪の毛がカクカクしてしまった。
波巻きのようなものをしようとした時にも、段々とした癖をつけようとした時につけ方が下手くそで、カクカクしてしまった。
前髪が長めになった時に短い時と同じ要領で巻こうとして、毛先がクルクルになり、前髪に変なボリュームができてしまい、前髪を上げざるおえなくなった。
もともと、くせ毛がひどく、髪をおろす日、髪を結ぶ日問わずに毎日髪をセットする前にストレートアイロンで髪を伸ばしていたら、どんどん髪が傷んで毛先がパサパサになったり、手ぐしが通りずらくなったり、ダメージが酷くなってしまった。美容院で相談したところ、縮毛矯正を1度してみてなるべく髪の癖をなくしてみて、ストレートアイロンの頻度を下げてみることをしてみるかとアドバイスをもらった。実際に矯正をかけてみたら、髪の収まりもよくなり、寝癖を治すだけで外に出られるくらいの髪になるようになり、ストレートアイロンの出番は前髪セットのみになった。

使用方法を確認することはとっても大切(24歳・主婦)

私がまだヘアストレートアイロンを使いはじめの頃、適切な使い方が分からず、とりあえずたくさん温度をあげてみようかな?と思い、高い温度でヘアオイルをつけずに使用してしまった為、せっかく手入れしていた髪が傷みパサパサになってしまい涙目になった経験があります。
使い始めの頃はヘアストレートアイロンを買えた!という嬉しさから特に調べず毎日試してしまっていたのが原因です。
また、今では使い方の動画だったり、巻き方の動画がたくさんあがっていますが、そういったものを知るまでは自己流の使い方で行っていました。
なので、ヘアストレートアイロンを上手く使えるようになるまでにこういった失敗はたくさんしてしまっていて、ヘアオイルを使うようになったときも、オイルの適量が分からずついついつけすぎてしまいべたべたになることは多々ありました。他にも、温度が低すぎてすぐとれてしまったり、短い前髪や後ろ髪に使ったときにちょっとしたやけどをしてしまったりと上手くなるまで結構な時間がかかりました。ヘアストレートアイロンを使うときはしっかりと使い方を学んで準備をすることが大切だったなと失敗から学びました。

お買い物は慎重に、でも間違っても何とかなる(35歳・専業主婦)

以前使用していたカールとストレートどちらも使えるヘアアイロンが壊れてしまい、便利だったのでまた2wayが欲しいと買い替えたら、実はストレートアイロンでした。それまで前髪や巻き髪はコテを使用していたので、ストレートの使い勝手にまったく慣れず最初は苦労しました。軽く熱を通したつもりでもまっすぐに浮き上がる前髪、かっくり折り目のつくウェーブは、一度できてしまえば簡単には治りません。時間がなくて無理やりまとめ髪にしたり、大急ぎで前髪だけ濡らす→ドライヤーで乾かす→カーラーでなんとかするという手段をとるはめになったりと、買い替えも何度も検討しましたが、当時の交際相手に買ってもらったこともありなんとか使えるようになろうと練習したものです。慣れてしまえば天使の羽バングを作ったり、ワンカール巻きたいときや波ウェーブにはストレートアイロンが便利で、コテよりも火傷をすることが減ったという意外な利点もあったので、何事も良し悪しがあるなと感じました。

私のヘアストレートアイロンの失敗経験(32歳・専業主婦)

もともと癖っ毛でストレートヘアに憧れがあるので、ストレートアイロンを使ってまっすぐにしようとしたのですが、ストレートになりすぎて、前髪がまっすぐ不自然な感じになってしまうことがよくあります。また、髪の根本がうねるので、その部分を真っ直ぐにしようとしたら、まばらになってしまい、癖が残っているところとまっすぐなところとあり、うまくいかなかった経験もあります。今は癖っ毛をうまく生かしながらストレートアイロンを利用していますが、やはり、ストレートになりすぎて、違和感のある髪型になってしまう失敗は何度もしています。長い髪の時は髪の重さでなんとか綺麗なストレートに出来る時もあるのですが、ミディアムヘアくらいだと、ストレートヘアがかなり不自然な感じに仕上がってしまうので、まだこれらの失敗は克服出来ていません。ヘアストレートアイロンで、毛先だけアイロンを使ったこともありますが、これも地毛とうまく合わず、違和感満載になる失敗も経験があります。

初めてのヘアストレートアイロンでの前髪(20歳・主婦)

初めてヘアストレートアイロンを使った時の失敗談です。
私が高校生の時に私はくせっ毛で髪の毛が多くボリュームがあるため、みんなが髪の毛がサラサラで、まとまっていたのが羨ましくて祖母にヘアストレートアイロンを買ってもらいました。
初めて使う前に、InstagramやYouTubeで調べて予習が出来たつもりでいました。
彼氏に会う前に初めてのヘアストレートアイロン。
可愛くして彼氏に褒められたい思いで初挑戦しました。ですが、練習をせずにイメージだけで済ましていたのが間違いでした。
まずは後ろの髪の毛をストレートにすることから始めました。温度は120℃中々まっすぐにならずに戸惑っていましたがゆっくり流していくとまっすぐになり、「いい感じになってきた!」と思いました。
後ろの髪の毛も難しかったですが時間をかけながらまっすぐにして行きました。きちんと中の髪の毛もまっすぐにして、最後に前髪をヘアストレートアイロンでセットしようとしました。
予習してイメージでは成功していました。
ですがいざ前髪をセットしようとすると随分斜めになるし、ペタンコになるし、私のイメージでは少し巻いて髪の毛を浮かしたかったのに思い通りにいかない。何度もやり直してやり直してしていると、彼氏に会う予定の時間にどんどんと近づき、焦りもあり余計と酷くなり、最終的にはユニバースのはらちゃん(化粧前)のように、髪の毛が浮き、オン眉になってしまいました。
しかもその日は彼氏が直接家に来てくれる予定でしたので、その前髪のまま彼氏と1日過ごしました。
案の定彼氏には笑われましたが、それはそれで小さい子みたいで可愛いからいいよと言われましたが、私からしたらかなりの失敗談です。

早起きは三文の得かどうかは技術次第(31歳・会社員)

私は手先が器用ではない。針穴に糸を通したり,絡まったネックレスを外す根気強さはあっても,手先は滑らかに動かない。
ある日,友人と遊ぶことになった。大人の女性の休日の楽しみは,お昼頃に集まってランチを食べつつ会話に花を咲かせるもの。お洒落なお店に行くのだから,多少なりとも見目も気にする。
休日とは思えないほど早く目覚めた私は,癖のある髪質の私は,ストレートアイロンを使って早起き分の時間を有効活用しようと決めた。
どうしても朝は遅刻ギリギリを攻めるチャレンジャーな私は,その機器を買っても酷使することはなかった。けれども,今日は時間は余っている。心の余裕は未熟な私のストレートアイロン技術をカバーしてくれるはず。
ーーあれ?今日は雰囲気違くない?
友人の驚く顔を想像しながら,私はストレートアイロンを手に取りにやける顔を鏡に写すのだった…。

「ーーあれ?雰囲気違くない?寝坊して急いできた?」
待ち合わせ場所,定刻通りに現れた私を見た友人の一言。
私の髪は慣れないアイロン使いによって跳ねていたのだ。それを直すほどの時間も技術も心の余裕も,その時の私にはなかった。

面白おかしな失敗ヘアー(22歳・栄養士)

・内巻きにしていい感じだと思って鏡をみたらピカチュウのしっぽみたいになってて左側が内巻きで右側が外巻きのギザギザした髪型が出来上がったこと。
・どうやって巻いたらいいのか分からなかったのでとりあえず自分流に巻いてみたらライオンみたいなたてがみになったこと。
・お風呂上がりに練習してみようと思って高温で髪の毛に当ててみたら凄い音と煙が出ていて髪の毛が少し焦げたこと。
・ヘアーストレートアイロンで寝癖をなでたら直ると思っていてとりあえずなでるだけなでてみたら寝癖が直ったのは1時間だけですぐ浮き出てきたこと。
・左右の髪の毛だけいじって満足してたら襟足のところがボザボサのままだったこと。
・コンセントを挿したら電源が入るものだと思ってていつまでたっても熱くならないなと思ったまま髪の毛をいじってたこと。
・熱々にしすぎて髪の毛じゃなくて耳をはさんでしまったこと。足に落として足がやけどしてしまったこと。首につけてキスマークみたいになってしまったこと。

アイロンをあてる向きにご注意を(24歳・会社員)

私は基本的にストレートヘアなのですが、前髪に少しクセがあります。そのクセをなおすためにヘアストレートアイロンを使用しています。私がヘアストレートアイロンを購入したばかりの頃の話です。前髪を少しふっくらとした雰囲気にしたいと思い、根本から毛先に向けてカールするようにアイロンをかけようとしました。しかし、うまくふっくらとした雰囲気にできませんでした。私が購入したアイロンはかなり簡易的で、売っている中で一番安いものだったので、きっと温度が低すぎてカールできないのだろうと考えました。温度の問題を解決するために、アイロンに髪を長時間挟んでいればいいのではないかと思いました。実際に、根本の部分を長時間挟んでみました。その際に、何を考えていたのか、髪を上にあげたような状態で挟んでいたのです。その結果、髪の毛は逆立ちをしたようになってしまいました。慌てて下向きにアイロンを動かしましたが、根本が立ち上がってしまっていたので、どうしようもなく、スネ夫みたいな前髪になってしまいました。最終的にはもう一度シャンプーをする羽目になりました。

買って失敗!ストレートアイロン(28歳・業務委託)

私はとある安いネットショッピングで破格のアイロンを買いました。
それが落とし穴だったのか、気づきませんでした。サイズに!
なんと!手のひらに乗るくらいのサイズのアイロンでした!
びっくりして、でも、開けちゃったし…使って良かったら儲けもんだよな!と思って使ってみました。

ですが実際きれいにいきません!
上手にできないのでユーチューブでも見て学びましたができません!

髪質かな?とも思いましたが、それにしてはできない。。
いや、少しはなる。
上方が少しはキマる。
でもすぐにもとに戻るし、強く引くからブチブチ行って怖いし、どうしよう!

もうクーリングオフもできませんし、あんまりいい買い物ではありませんでした。

唯一、細かいところをアイロンできるので、前髪とかにはいいかもしれません。あとは横髪とか。

全体的には無理だー!という感じです。

こういう失敗を重ねていいアイロンにたどり着くんですね…悲しい!
こんな失敗したくなかった!

というお話です。

髪を傷めずにツヤ髪ストレートを作るなら「エヴァロン」がおすすめ!

あなたはヘアアイロンを使う際、このようなお悩みはないでしょうか?

  • 髪の傷みが気になる
  • 肌のヤケドが怖い
  • 癖毛が思うように真っ直ぐにならない

そんなあなたには、ヘアアイロンの「EVERRON(エヴァロン)」がおすすめです。

エヴァロンは、多少の値は張りますが、

  • 髪や肌のヤケドの心配がない(子供でも使える)
  • 肌と髪を守りながら「ツヤ髪」をスタイリングできる
  • 髪を直接焼かないので髪を傷めない(一日に何度でも使える)
  • ストレートはもちろん、SカールもCカールも自由自在

といったメリットがあります。

だから、

「きれいなストレートヘアに憧れる…」

というあなたは、一度エヴァロンを試してみるのがおすすめです!

学生時代から強い癖毛にずっと悩んできた私・・・
でも、同僚に勧められてエヴァロンを使ってみると・・・

⇒続きを読む